So-net無料ブログ作成

神奈川県大和市にある特定非営利活動法人フェアネットが運営している放課後等デイサービスです。

花より女子?(春の梅林・薬師池公園) [余暇活動]

IMG_0093_R.JPG

 南関東でも、例年、比較的満開の遅い薬師池公園。

IMG_0011_R.JPG

今年はようやく雨男に勝つことができ

無事、行ってくることができました。

 IMG_0071_R.JPG

 梅も今年は寒暖差が大きかったせいか、色づきがとてもよいように感じました。

IMG_0053_R.JPG

 薬師池公園名物のお団子も食べ、野鳥や鯉、亀さんなどの小動物にも親しみ、

 療育・療育 と 思ったのですが・・・・・・・・・・

 [黒ハート]お年ごろなのですかねえ。[黒ハート]

 普段は、知らない子どもに自分のおもちゃをいじられると怒りまくる、この男子

 この日は、勝手に来襲する乳幼児がおもちゃをいじっても 平気[猫]

 特に、この女の子は、なんとおもちゃをこわしてしまったのに

 「小さい子と女の子には、ぼくは優しいんだよ!」[猫]

 だ そうです。普段の学校生活でも、かくあってほしいものです。

 さて、只今のランキングはこちら。

 クリックお願い致します。m(_ _)m 新年度はどうやら始まってからのほうが

 忙しそうなので、今のうちに更新出来るだけ更新しておこうと思います。


人気ブログランキングへにほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

自閉症のぼくがパニックを起こした日 [自閉症スペクトラム障害]

IMG_0258_R.JPG

 この日は、毎度のごとく学校でパニックを起こし泣き叫んでデイに来た日でした。

 丁度、冬休みあけだったと思います。

 デイに着くなり、ホワイトボードに描きなぐったのが、この絵です。

 この児童は典型的なカナータイプの自閉傾向の強い小学1年生の自閉症スペクトラム障害の児童です。

 学校の対応もそんなに理不尽な対応をしているわけでもなく、それどころか先生方は

 この児童をなんとかしようと、日々研修に明け暮れております。m(_ _)m

IMG_0255_R.JPG

 それから、なんの脈絡もなく続けて描いたのがこの絵です。

 意味不明なのですが、ぼくだということです。

 ある意味一番厳しいので、書かれてしまったのでしょうかね?

 ただ、とりあえず、普段はだらだらとパニックを引きずるのですが、この日は、この絵を描いて

落ち着いてしまいました。ただ家では大変だったらしいので、少し申し訳なく思っております。m(_ _)m

 とりあえず、デイではこの日以降、落ち着いて過ごしております。

 なんとかこの子の平穏な日々を守りたいと考えております。

 只今のブログのランキングは、こちらです。

 なんかよくわからないけど、ものすごい激戦区に放り込まれてしまいました。

 ここまで来たら、がんばりたいかなあ なんて色気が出てしまっったりして ^_^;

 応援クリック、よろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへにほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

トッケン(元国立東京学芸大学特殊教育研究施設情緒自閉症部門)物語 1 [トッケン物語]

トッケン(元国立東京学芸大学特殊教育研究施設情緒自閉症部門)物語

_12__R.JPG

  昔々、はるか遠い1億と2千万年前の事、アポロニアスが堕天使族と闘いに明け

暮れ大地には熱帯植物がはびこり、恐竜たちが闊歩していたジュラ紀に、それは始まり

ませんでした。  

    ここには、東京学芸大学の特殊教育研究施設の教授と助手の方、全国

各地から内地留学に研修に訪れる教職員の方々、教務補助と院生、そして様々な大学の学生や

院生のボランティアの方が当時の悪名高い研究施設長にあの手この手で騙されて集ま

り。 また、時には突然現れる東京学芸大学付属幼稚園の先生方によって日々の個別指

導や集団指導を行うことにより、日々研究に勤しんでおりました?

 そのトッケンには、毎年、いくつかの大きなイベントがありました。

 その一つが武蔵小金井市野川公園の中にある丘をぼくたちは親しみを込めて通称「くじら山」と

呼んでいました。

その丘で、打ち上げ花火を合図に行っていたのが

           「トッケン大運動会」と呼ばれるものでありました。

 「トッケン大運動会」には、50名近くのほとんどが自閉症児である障がいのある子どもた

ちと、倍近くの保護者の方とスタッフが集まり毎年開催されていました。

  「トッケン大運動」の中でも大きなイベントの一つでもあったものがこれ、 大きな丘の斜面

には膨大な量のダンボールが敷き詰められ、総動員でその表面にローソクを塗り、仕上げに

研究施設の施設長が自ら滑りながローに光沢を出し、滑りをよくしたダンボール滑り台。

どさくさに紛れて新人の女子大生をよく突き落としたものです。

 

 

 この「トッケン」について、色々と書きたくなったのには少々訳があります。  これは、おいおい

明らかにしていきたいと考えています。

 この「トッケン大運動」には、個人的には一つ情けない思い出があります。

 これだけの人数を朝から夕方前まで楽しませるのですから。その準備と運ぶ荷物の量は半端な

量ではありません。スタッフの移動だけでも一苦労です。

 当時、参加仕立てのペイペイである、ぼくなどはレンタカーのトラックの貨物の中に放り込まれて

移動したものです。

 情けないかな、揺れながらその真っ暗な闇の中ですごす、その時間はたまらなく恐ろしいもの

でした。

 ただ神様はお見捨てになりませんでした。

 ある小学5年生の男の子が、優しく声をかけてくれたのです。

 「おにいちゃん、怖くないよ。大丈夫だよ。」

 その言葉にどれだけ救われたか、当時のRくんは、知るよしもないでしょう。

 ちなみにRくん、羽陽曲折をへて、障がい者のグループホームに勤めているそうです。

 当時の同級生だった自閉症の子がすんでいるのですが、そちらの方はなんとなく嫌がっていると

かいないとか。

   で、まだ、南林間では、ぼくしか呼んでいないのですが、南林間中央公園のこの小さなミニサイズ

の丘を

                 「南林間くじら山」

 と命名し、次の理事会に正式に承認を得ようと企んでいます。

   ちなみに、1っ回目のダンボール滑り台、見事に失敗。

   リベンジを誓った管理者が只今改良中です。

 けっしてダンボール小屋を立てているわけではありませんの、

お間違いなきようよろしくお願いいたします。

 只今のブログのランキングは下のバーナーからお調べ下さい。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

あなたは、どっち派?電車でGO! or ドライブa Go Go! [療育]

2014-03-04 10.19.49_R.jpg

  これは 鉄子もとい鉄道ファンなら誰でもご存知の

 小田急電鉄ロマンスカー 何とか系

12_R.JPG

 これは、私的流用の写真で車の種類はわからず。

で なにが言いたいうかというと自閉症スペクトラムの児童は

 電車や車が好きな子どもがとても多いです。

 (男の子はほとんどといっても過言でもないかもしれません)

 理由については自閉症スペクトラムの特性を考えればすぐ納得

できるのですが、どうも 「電車派」と 「車派」の2種類に

分かれるようなのです。

さあ あなたはどっち?

結果は下のバーナーをクリックするとわかりません m(_ _)m


障がい児育児 ブログランキングへにほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:育児

みんなでお出かけ 寺家ふるさと村(3月1日はサーティワンアイスクリームの日です) [余暇活動]

IMG_0012_R.JPG

   急に冷え込んだにもかかわらず、今週の暖かった日を思い出し。

   きっと梅が咲き誇っているに違いないという思い込みのもと

   豊かな情操を育みたい?と思い?出かけてまいりました 寺家ふるさと村。

   梅は予想通り8分咲き。       しかし・・・・・

IMG_0010_R.JPG

           いつもは野鳥で賑わう、この池も鴨さん一羽もおらず

IMG_0001_R.JPG

            水車の音も 寒々しいむなしい乾いた音を奏で

IMG_0008_R.JPG

 小雨にも負けず一生懸命に歩く子どもたち

 さんざんに寒さに打ちのめされた この日に待っていたのは

111_R.JPG

               サーティワンアイスクリーム

 そうなんです。3月は 3月1日 3月31日 

なんと 2回もサーティワンアイスクリームの日があるのです。

 ちなみにサーティワンアイスクリームの日とは、31%OFFという 

大変、家計に もとい経費にやさしい日なのです。

 ちなみにアイスクリームは、ガンガンに暖房のきいたフェアネットで食しました。(笑)

 このブログのランキングが知りたい方は、クリックお願いします。m(_ _)m


人気ブログランキングへにほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児